•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    葵は真面目な夫と長いことご無沙汰しており、悶々とした日々を送っていた。叔父の文太はそれを見抜いていた。全身をほぐしながら敏感な体を刺激すると、彼女の体はなんとも言えない熱さを感じた。彼の的確な刺激に、葵は全身を反らせて身悶える。彼の言葉に振り回され、体を弄ばれ続けるうちに、体中を這う甘いムズムズ感が心に深く残る。
     クイックリンク: sexkhonglag.com/29 
     俳優: Aoi Ichino